ラバーダムを使用した根の治療

ラバーダム
ラバーダム

根っこの知用をする際、唾液が入らないようにするために防湿乾燥をします。

 

唾液の中には数多くの細菌が正常の方でも生息していますので、唾液が、根っこの治療中に根の中に入ってしまっては滅菌できません。

 

通常の保険治療では、ロールワッテという綿で歯を挟んで、唾液が入らなくしています。

 

完全に唾液の封鎖と滅菌を行う場合は、ラバーダムと言って、歯にゴムのシートを張り付けて、歯の中と口の中を分離します。

 

根管治療

ラバーダム治療時の注意点

ラバーダム
ラバーダムの注意

ラバーダムをかけても隙間がある場合があります.封鎖するお薬を使用しますが、ラバーからお口の中に薬品が漏れてしまう事があります.

もし、口の中が薬品の味がするようでしたら、すぐにお伝えください.