根の消毒の必要性


歯どうして歯の根っこが炎症するの?神経がないのに。って聞かれることがあります。

 

実は、神経がなくても歯の根っこの先におこるのは炎症は、歯の中に炎症の原因物質があるからです。

 

そのため、歯の中の消毒をしっかりと行う必要があります。

 

消毒を行うには、根っこの中の炎症の原因物質を削り取ることと、消毒薬で消毒をします。

針のように細い器具を使用して、歯の根っこの管についている炎症の原因になりそうなものを取り除きます。また、消毒薬を歯の根っこの中に入れることで、炎症物質を無害化するようにします。

 

歯の根っこの形は珊瑚のように複雑な形をしていますので、全部を削り取ることは難しいので、消毒薬を根っこの中に満たして消毒しながら削ります。

 

ラバーは、唾液中の細菌が根っこの中に入らないようにするためですので、感染の予防という目的になります。

 

前歯は比較的はやく消毒できますが、奥歯は時間がかかる場合もあります。