歯科医院案内

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-1サンミビル6Fスターバックス上

 

JR神田駅北口から徒歩1分です。

 

連絡先

03-3251-3921

0120-25-1839

電話予約につきまして

営業時間外は留守番電話となっております。

留守番電話にご用件をお伝えいただければ、折り返しご連絡いたします。

営業時間

11:00~20:00

水曜・木曜18時まで

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

よかったと思われた方は上のボタンをクリックしてホームページを紹介してください。

歯科専門HP

深い虫歯の治療

虫歯が深くまで進行してしまうと歯の神経の処置を考えなくてはいけなくなります。

 

ご存知の方も多いとは思いますが、歯の神経はなるべく残した方が、歯にとっては良いのです。歯の神経を抜くと、歯の強度がよわくなり、虫歯になりやすくなります。

 

ただ、虫歯が歯の神経まで進行してしまった場合は、神経をとることも考える必要があります。

 

また、神経をとらないまでも、深い虫歯の治療後にしみる症状や、痛みがでる場合もあります。

深い虫歯で神経をとらない方法に、直接履髓法、間接覆髄法があります。

 

神経に達する虫歯の治療を行ったときに神経を残す方法が、直接覆髄法、神経の近くまで虫歯が進行してしまい痛みがでるのを予防する方法が、間接覆髄法です。

 

それぞれ、適応となるケースに条件があります。すべてが治るわけではありませんが、神経を残す為には有効な方法となります。

深い虫歯でも歯を抜かない方法もあります。

歯冠長延長術という方法がありますが、この方法は、歯茎の中まで虫歯が進行しても抜かずにご自身の歯を利用する方法です。

 

通常、歯茎の中に達する虫歯は抜歯の対象となります。治したとしてもそのままでは歯茎の炎症が起こり、その後の処置を行ってもまた悪くなる可能性があるためです。

 

歯冠長延長術は歯茎を整形して虫歯ではない健全な歯の根っこが歯茎より外に出るようにします。

 

骨を整形するので術後には少し腫れと痛みが出る場合があります。そのため、術後には抗生剤と痛み止めを処方いたします。

虫歯の治療トピックス