レジン充填法


レジン充填法は、基本的に歯を削らずに光で固まる白い素材で人工の歯を作る方法です。

 

虫歯治療の際や、削れてしまった歯の形を回復する際に使用することがあります。また、歯周病で歯茎が下がってしまった場合、歯と歯の間をレジン充填法で審美的な改善をすることがあります。

 

審美歯科で使用するレジン充填は保険外診療となります。お値段は1本¥30,000−(税別)となります。硬質レジン(プレミス)という素材を使用しております。


レジン充填法ブログ


歯と歯の間の隙間の治療法

歯と歯の間の隙間を気にされてご来院される方がいらっしゃいます。

 

気にならない方はほとんど理解できないことですが、歯と歯の間のくぼみが気になる方にはおわかりいただける内容かと思います。

正面から見たところ

歯と歯の間の隙間の治療 治療前
歯と歯の間の隙間の治療 治療前

前歯の歯と歯の間の歯茎がくぼんで、物がつまってしまいやすい。ということでご来院されました。

 

歯と歯の間の歯茎が少し凹んでいます。

歯と歯の間の隙間の治療 治療後
歯と歯の間の隙間の治療 治療後

前歯の歯と歯の間3箇所をダイレクトボンド法という方法で隙間をつめた後の状態です。

 

歯の大きさが少し広がっているのがわかるでしょうか?白い硬質レジンという材料を歯と歯の間の部分にくっつけています。(ダイレクトボンド法といいます。)

 

歯と歯の間の歯茎が両側の硬質レジンで押されて膨らんだのがおわかりになるでしょうか?物が挟まる隙間がほとんどなくなっております。


右側から見たところ

治療前

歯と歯の間の隙間の治療 治療後
歯と歯の間の隙間の治療 治療後

治療後

 

わかりにくいですが、前歯とその隣の歯の歯と歯の間の歯茎が外側に膨らんでいるのがわかるでしょうか?

 

歯と歯の間にものが詰まりにくくなりました。


左側から見たところ

治療前

続きを読む