インプラントオーバーデンチャーは入れ歯の安定を良くします。

歯の無い本数が多い場合は入れ歯型の歯を使用したインプラントがおすすめです.

 

インプラントの上に入れ歯を入れることで入れ歯を小さくする事が出来、また、安定した入れ歯を使用する事が出来ます.こういったタイプの入れ歯をインプラントオーバーデンチャーと言います.


インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャー法は入れ歯を安定させるために少ない本数のインプラントで入れ歯をひっかける方法です。

 

大がかりな治療は必要なく、骨があるところにインプラントを入れますので腫れたり痛んだりしにくい治療になります。

 

2本から4本のインプラントを埋入して、入れ歯の裏側とインプラントを連結し、入れ歯を動かないようにしっかり安定させることができるインプラント治療です。


総入れ歯でお困りのほとんどの方が、顎の骨がやせてしまい、入れ歯の調整により入れ歯を安定させることが困難なため、しっかり噛めないまま我慢して入れ歯を使用しています。
この方法であれば、入れ歯がはずれず噛むことができるため、快適になります。
また、著しく骨がやせてしまった患者様にも適応できる場合が多いです。歯茎が減ってしまった方は、インプラントのブリッジでは歯茎の付け根のところに物が挟まりやすく違和感が強いことが多いのですが、入れ歯のタイプでしたら失われた歯茎が回復しますので違和感が少なくて済みます。


失われた歯すべてをインプラントで治すと、たくさんのインプラントの本数が必要になり、治療費も高額になりますが、インプラントと入れ歯を組み合わせたインプラントオーバーデンチャーでは、最少2本から治療できるので治療費がおさえられます。

 

また、取り外して洗えるので、固定式のインプラントよりお掃除が簡単です。これも大きな利点です。

 

インプラントオーバーデンチャーは保険外診療となります。

 

 当院で、上下片側のインプラントオーバーデンチャーをする場合、インプラント を2本と入れ歯を作成して60万円ほどかかります。

 上下片側、全ての歯をインプラントにして入ればではなくブリッジにする場合はインプラント6〜8本とブリッジの料金がかかります。種類によりますが白い歯のブリッジを入れた場合は200万円ほどかかります。

費用的にはインプラントオーバーデンチャーの方が安くできますが、どうしても固定式のものが良いと言う方はブリッジタイプで考えられると良いと思います。

(骨の状態などにより、追加の処置が必要な場合や、インプラントの種類や、差し歯、入れ歯の種類によって料金が変わるため、無料カウンセリングにてお見積もりをお渡ししております。)

 

 

インプラントオーバーデンチャー治療を希望される方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

インプラントのページ

 

インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングのご予約をお取りになってお越し下さい.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03-3251-3921

0120-25-1839