気付きにくい詰め物の下で進行してしまった虫歯

詰め物の下で進行してしまう虫歯は慢性虫歯といってお痛みを感じにくい虫歯の進行が起こります。そして、お痛みが出るときはかなり深いところまで虫歯が進行してしまっています。


詰め物が外れかかってしまっている場合などは、詰め物の内部で虫歯が進行してしまっていることが非常に多いです。ただ、慢性的な虫歯ですので、それほど進行するのが早くないため、慌てて治療するのではなく、しっかりと通える時期にしっかりと治療をされることをお勧めしております。

詰め物の下の虫歯とは

詰め物の中の虫歯
詰め物の中の虫歯

金属の詰め物が外れて来院されました.メタルインレーと呼んでいます.中を確認するとセメントの部分にヒビが入ってしまっていました.また、中が虫歯になっていました.このような、詰め物の中の虫歯を2次カリエスと呼んでいます.

 

もちろんはブラシの状態が悪いとどのような箇所でも虫歯になりますが,金属の隙間があるとその部分に汚れが溜まりやすく、磨けない場合は内部に虫歯が進行しやすくなります.

虫歯の確認
虫歯の確認

セメントを外してみると中が虫歯になっていました.虫歯を染める駅で染めました.赤く染まっている部分が虫歯になっている所です.

虫歯を削って取った後に歯型をお取りしました.

2次カリエスはどんなに歯ブラシをしても歯の内部の虫歯ですので効果がありません.適合の良い詰め物をして隙間をなくす事と、定期的に確認をして外れていないようにしなくては行けません.


虫歯治療のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。