矯正治療をお考えの方は歯周病に注意が必要です。

矯正治療をお考えの成人の方はお気を付けください。

 

成人の方の矯正治療を行う場合、特に30歳以上の方は、体の免疫力が弱まり歯周病が発生してしまっていることが多いため、歯周病の検査をしっかりと行ってください。


歯茎の再生治療

歯ぐきの再生治療
歯周病と矯正治療

例えばお写真の歯のように歯茎が下がってしまっている場合に矯正治療を行うことは非常に歯周病の進行するリスクがあるとお考えください。

このような状態の歯茎では、歯並びは並んでも歯茎の下がりがひどくなってしまう可能性が高くなります。歯周病の処置をしてから矯正治療を行う必要があります。この場合は、あごの骨を増やすことと歯茎を再生させることが必要になります。

 

歯茎の再生治療についての詳しいページをご覧になりたい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


骨の再生治療

また、歯周病が進行してあごの骨がない場合は、骨の再生治療を行うことで、矯正治療中に骨の吸収を悪化させずに済みます。

もちろん、再生治療後にはご自身の歯ブラシをしっかりとしていただいて、歯周病が再発しないように気を付ける必要があります。

 

骨の再生治療のページ


歯の周囲の骨が吸収している場合、歯周病が進行して歯の根っこの周囲が感染を起こしています。このため、矯正治療を行う場合、感染している歯の根っこの部分が移動していくと移動した先の骨が吸収することになります。

 

しっかりと歯周病の感染を除去してから矯正治療を開始することが必要です。また、矯正中も歯の清掃を確認しながら行う必要があります。矯正中に歯の清掃状態が悪い場合はクリーニングをすることになります。矯正中は保険が利きませんので数千円の費用がかかります。


~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。当院では骨の再生治療1回の処置で4~6本の骨の再生治療を行いますが、20万円(税別)かかります。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。このケースのようにある程度骨の回復をさせたとしても、完全に歯の揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。


 

 

歯周病の治療後相談の方はただいま初回のみ無料カウンセリングを行っております.治療ご希望の方はご連絡ください.

 

 


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

03-3251-3921

0120-25-1839