隙っ歯を治す最近の治療法。ダイレクトボンド法のご紹介

 歯と歯の間に大きな隙間が空いてしまっている方の歯の隙間を自然な感じに埋めて目せる方法があります。

 

歯と歯の間の隙間は、見た目の悪さや、物が挟まりやすい、発音しにくいなどの理由から、隙間を閉じる処置を希望される方がいらっしゃいます。

 

通常、歯と歯の間の隙間は、矯正治療や、審美歯科治療で隙間を埋める処置をします。

 

今回は、矯正治療ではなく、歯を削らずに隙間を埋めるダイレクトボンド法のご紹介をいたします。


歯を削らずに、1回で治療が終了するダイレクトボンド法とは?

隙っ歯 治療前
隙っ歯 治療前

前歯の隙間がきになる方のケース

 

隙っ歯 治療後
隙っ歯 治療後

ダイレクトボンド法で隙間を埋めました。



ダイレクトボンド法は歯を削らずに、1回で終わる、矯正治療と比較して低価格な治療法です。(1本3万円(税別))見た目も比較的綺麗なため、近年人気のある治療法です。

 

審美歯科治療のページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

 


 

~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。ダイレクトボンド法は1本あたり3万円(税別)かかります。

 

注意していただきたいのが、歯の形はどのような形でも作れるわけではありません。噛み合わせや歯茎の状態によってご希望の形が難しい場合もあります。

 

 

 

また、ダイレクトボンド法に使用する硬質レジンは比較的変色しない素材ですが、歯ブラシの状況等により経年劣化のスピードが早くなる場合があります。