セラミックの歯を治す場合にも歯茎の再生治療は有効です。

セラミックの差し歯を新しくしたいという方。古くなってしまって見た目が悪い、歯の根っこの中が炎症を起こして噛むと痛い、歯茎が腫れた、歯茎が黒く見えるなどなど、セラミックの差し歯を新しくしたい理由はあるかと思います。

 

せっかくセラミックの差し歯を治すのであれば、将来的に歯茎の問題が起こりにくくなるように、歯茎の再生治療をすることをお勧めしております。

セラミックの差し歯の交換と歯茎の再生治療を合わせて行ったケース

少し腫れて下がってしまった歯茎
少し腫れて下がってしまった歯茎

セラミックの歯を交換する際には、下がってしまった歯茎を合わせて回復することで、見た目が良くなります。審美歯科治療をされる場合は、歯茎の腫れなども綺麗にすることで見た目も良く見えます。

歯茎の再生治療で歯茎の回復後にセラミック治療
歯茎の再生治療で歯茎の回復後にセラミック治療

ほんの少しのことですが、歯茎の再生治療を行うことで、将来的に歯茎が下がってセラミックの歯が黒く見えるようになってしまうことを予防します。

 

歯茎の再生治療の詳しい内容をご覧になりたい方は、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療のページ


 無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

このケースでは、前歯2本のオールセラミック 1本6万円(税別)を2本で12万円(税別)、歯茎の再生治療6本で14万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。