矯正モニター治療では、反対咬合の方も治療が可能です。

反対咬合といって、下の前歯が上の歯より前に出てしまっていることがあります。

 

そんな時は、矯正治療をすることで、かみ合わせを改善させることができます。

歯並びはある程度綺麗に並んでいます。ただ、画面左側の噛み合わせは、下の歯の方が上の歯より外側に並んでしまっています。

 

今回は、矯正モニター治療でこの反対咬合の噛み合わせを改善しました。

上の歯が下の歯を覆って噛み合わせています。

装置の装着期間は約11ヶ月でした。

 

歯列矯正のページ