神田ふくしま歯科Blog 歯が完全に折れてしまった場合

硬いものを強く噛んだり、非常に強い歯ぎしりをしている場合、歯に力が強くかかることで歯が折れてしまうことがあります。

歯が折れた場合
歯が折れた場合

歯が完全に折れてしまう事があります.神経の無い歯の根っこによく起こります.このお写真の歯の場合,少しわかりにくいですが,歯と歯の間にひびが入ってしまっています.このひびに沿って歯の根っこの先端まで歯をささせている骨が吸収してしまっています.

 

これは、歯のひびに沿って細菌の感染が起こったために、歯の周囲の骨が炎症性の吸収を起こしていると考えられます.炎症が継続する事で、骨の吸収する範囲が広がります.早めに対処する必要があります.

 

このお写真のケースでは、歯のおラテしまっている部分を抜いて除去します.

 

歯を抜いた後の治療法の選択肢として,良いと思う3通りの治療法があります。

  1. 完全に折れている歯の奥側の半分を切断して半分を除去し、奥歯とのブリッジをする治療
  2. 歯を完全に抜いて手前の歯と奥の歯でブリッジをする方法
  3. 歯を抜いてインプラントをする方法

前後の歯が天然の歯ですので、ブリッジよりインプラントの方が好まれる傾向があるように感じます。

 

インプラント治療は歯科用のCTを撮影して、骨の状態を確認します.骨の高さがある場合は歯を抜いたその日にインプラントを入れます.2ヶ月待って土台を入れて3ヶ月目に人工の歯を入れて完成になります.

 

インプラント治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.インプラント治療を考えている方はクリックしてご覧ください.

 

インプラント治療のページ

 

また、ただいまインプラント治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制となりますので、ご予約をお取りいただいた上でご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839