前歯の詰め物が変色した場合の治療法

審美歯科

前歯の虫歯をレジンというプラスティック様の詰め物で治した場合、数年経つと色が変色してしまうことがあります。

 

お写真は前歯の裏側の詰め物が変色してしまっている状態です。一部虫歯になってしまっている歯もあります。

 

通常、レジンの色が変色するのは歯に接着していた面が剥がれて色がついてしまうことが原因になります。

 

変色の範囲によって、単に磨くだけで良い場合、再治療が必要な場合が変わってきます。

 

レジンが変色してしまったら、早めに対処しておいたほうが良いでしょう。

 

虫歯治療のページ

 

〜虫歯の詰め物の治療の注意〜

 

当院では、範囲の小さい虫歯治療を行う際に、長く持つって、色を審美的に周囲の歯に合わせることができる材料を使用しております。保険外診療となり1箇所3万円(税別)となります。

 

また、経年劣化の進行はは口腔内の清掃状態や歯軋りなどの歯にかかる力によって早まる場合もあります。