長い差し歯は元の長さに直せますか?

よく聞かれるご質問に、長い差し歯を元の長さに戻せますか?いろんな先生に聞いたけど無理と言われたけど、本当に戻せますか?

 

といったご質問をいただきます。全てのケースで治せるわけではありませんが、歯周病の進行具合によっては歯茎の再生治療を差し歯治療と合わせることで差し歯の長さをほぼ元の長さに戻すことが可能になります。

差し歯の交換の際に差し歯の長さを元の長さに戻したケース

歯茎再生

長年、歯の長さが長いのが嫌だったけど、費用がかかるので、差し歯を直さずに過ごしてきた。差し歯が古くなって色も悪いので、差し歯を交換しようと思うが、この機会に歯茎の長さも元に戻したいというご希望でご来院されました。

 

何軒もの医院で、断られたということでしたが、歯周病の進行もないため、当院では歯茎の再生治療とオールセラミック治療を行いました。

歯茎再生

治療後の状態。差し歯の色を前歯のブリッジに合わせてお作り直すさいに合わせて歯茎の再生治療を行い歯茎の位置を回復しております。

 

前歯のブリッジも歯茎の長さを戻したいけど、直したばかりなので今度直すときには歯茎も直したいということでした。

 

歯茎の再生治療のページ

歯茎の再生治療の注意


お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面上奥歯3本の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミック1本の再治療を行なっております。


歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。


歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療7万円(税別)オールセラミック治療9万円(税別)かかりました。


また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。