古い差し歯の透明感と厚みについて

従来の差し歯はで歯並びを治したりする場合、歯の大きさが一回り大きくなってしまう傾向がありました。

 

これは、差し歯の内部に金属を使用するため、金属色が透けて見え無いように厚みを熱くする必要があったためです。

 

現在では、従来のセラミックの半分ほどの厚みでオールセラミックを作成するようになってきています。歯を削る量も少なくて済むようになってきています。

 

また、従来のセラミックに比べて透明感がある自然な感じの歯になります。

従来のセラミックをオールセラミックで治した場合

審美歯科

神経のある歯は歯をあまり削ら無いためか、従来のセラミックで治療をすると大きく膨張した感じに仕上がってしまったそうです。

審美歯科

オールセラミックでは、厚みを薄くしても透明感を出すことが可能です。

 

詳しくは下記の審美歯科のページをご覧ください。

 

審美歯科のページ