審美歯科で転院される方も受け入れております。

審美歯科治療中での転院のご相談を受けることがあります。

 

例えば、審美歯科治療中で仮歯の状態で、最終的なセラミックの形に不安を感じるというご相談などをお受けします。

 

一番多いご相談は、歯茎の位置を変えずにセラミックを作成するため、歯の長さが短かったり大きかったり長さが左右で異なったりという見た目の不安によるものです。

審美歯科ご相談例

審美歯科で歯茎の整形

歯の大きさが小さく、出た感じに見えてしまうということでご相談にいらっしゃいました。

 

歯茎の位置が下の方にあるために、歯の長さが短く、角度がついたように見えてしまっています。歯の大きさと角度を修正する必要があります。

審美歯科治療

歯茎の簡単な整形を行った上で仮歯で調整しました。

最終的な歯はオールセラミックを作成しました。

 

審美歯科のページ

歯茎の整形治療の注意


差し歯の歯茎の整形による歯茎の位置をそろえる治療は、歯茎の位置を変えるのと合わせて差し歯を交換する必要があります。費用は保険外診療となります。


上の2ケースでは、歯茎の整形治療5万円(税別)オールセラミック治療、1本6万円(税別)、3本で18万円(税別)かかりました。


また、歯茎の整形治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の整形治療は、歯の根っこの長さなどの条件によっては行えない場合もあります。