ブリッジは見た目も重要ですが、お掃除しやすい形にする必要があります。

歯を抜くことになってしまった場合に、ブリッジ治療をすることは歯科治療では一般的です。非常に多くの数のブリッジ治療が毎日行われています。

 

ただ、気をつけていただきたいのは、抜いた歯の部分の歯茎がだんだん窪んでしまったり無くなってしまうと、歯ブラシをしにくくなってしまうとか息が漏れる、物が詰まるなどの問題を起こしてしまうことがあります。

 

当院では、歯を抜いた後の歯茎の形を整えた上でブリッジ治療を行うことで、ブリッジのお掃除やメンテナンスをしやすくしております。

ブリッジの歯茎が窪んだ時の歯茎再生
ブリッジの歯茎が窪んだ時の歯茎再生

このお写真のように、歯を抜いた後歯茎はだんだん窪んでしまいますので、窪んだ歯茎に合わせて歯を作ると歯が大きくなったり膨らんでしまい、物が挟まりやすくなって不衛生になってしまうことがあります。

 

ブリッジの歯茎が窪んだ時の歯茎再生
ブリッジの歯茎が窪んだ時の歯茎再生

 

 

 

 

 お写真では、古くなってしまったブリッジをオールセラミックのブリッジにしております。また、歯を抜いて窪んでしまった歯茎を歯茎の再生治療にて回復させています。

 

歯茎の再生治療を行うことで、歯茎のくぼみを解消し、ブリッジのメンテナンスをしやすくします。

 

メンテナンスのページ