歯茎が下がってしまった部分は虫歯になりやすい?

下のお写真のように歯茎が下がってしまって、歯の根っこが露出してしまい、レジンという詰め物をされている方は非常に多いのですが、この部分は非常に虫歯になりやすい部分です。

虫歯になりやすい部位
虫歯になりやすい部位

歯茎が下がって、根っこが露出してしまった部分の虫歯治療を行った後の状態でご来院いただきました。一部虫歯治療を行ったところからさらに虫歯が進行してしまっているようです。

 

この部分の虫歯は、定期的にメンテナンスを行っても発生してしまうため、定期的に歯茎のレジンを詰め直す必要があります。

 

ただ、歯茎が下がってしまった部分を歯茎の再生治療で覆って虫歯の予防をすることも可能です。

歯ぐきの再生治療
歯ぐきの再生治療

歯茎の再生治療と増骨矯正治療を行いました。骨と歯茎を再生させて下がった歯茎を覆いました。

 

歯茎のところに覆っていたレジンという詰め物を取り除き直接歯茎で下がった歯の根っこを覆っています。

 

歯茎が下がってしまっている方は、場合によっては顎の骨がなくなってしまっている場合があります。CTにて確認した上で骨の再生治療を行う場合があります。

 

骨の再生治療のページ