差し歯の歯茎が下がってしまったケース1 歯茎の再生治療のページ更新用

神田ふくしま歯科の歯茎の再生治療ページを少しづつ更新して、見やすいぺーじになるように変更しております。

 

歯茎が下がってしまう方の状況によって分類させていただくように変更しております。

 

  • 差し歯の歯茎が下がってしまった。
  • インプラントの歯茎が下がってしまった
  • 歯茎が黒くなってしまった
  • 矯正治療後に歯茎が下がってしまった
  • 歯と歯の間の隙間もできてしまった
  • 歯周病が進行して歯茎が下がった

など、状況によっての歯茎の治療をご紹介するようにページを更新中です。

 

まずはブログで紹介いたします。

差し歯の歯茎が下がってしまったケース

差し歯の歯茎が下がってしまったケース
差し歯の歯茎が下がってしまったケース

歯茎の下がってしまった状態で、差し歯の治療をされています。そのために、前から2番目の歯が長くなってしまっています。前歯の長さおよび、差し歯の長さの改善を行います。

差し歯の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療
差し歯の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療

このケースでは、前歯に歯茎の再生治療を行い、歯茎の位置を回復させた上で、オールセラミックの再治療を行っております。

 

前歯2本の露出していた歯の根っこが歯茎で覆われ、また、長かった差し歯が通常の長さに回復されました。

 

歯茎の再生治療のページは下のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生治療の詳しいページ

~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯3本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療本で万円(税別)かかりました。

 

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。