差し歯の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療4

差し歯の再治療をされる際にさがった歯茎の位置を元の状態に治すことができる場合があることをご存知でしょうか?

 

今回は、長い差し歯を短くする歯茎の再生治療をご紹介いたします。

 

歯茎が下がってしまった状態で差し歯を作成したケース
歯茎が下がってしまった状態で差し歯を作成したケース

古くなってしまった、差し歯の再治療に際して、歯の長さを短くしたいということでご来院されました。何件もの歯医者に相談に行ったけど、差し歯の歯茎の再生治療はできないと言われて断られてしまったということで、当院に来院されました。

 

犬歯の隣の色が濃い差し歯の再治療をすることになりました。再治療の際に、歯茎の再生治療を奥歯3本に行い、歯茎の治癒を待った上でオールセラミックの歯を入れる計画で治療を開始しました。

 

奥歯の差し歯の歯茎の再生治療とオールセラミック治療
奥歯の差し歯の歯茎の再生治療とオールセラミック治療

奥歯3本の歯茎の再生治療を行うことで歯茎の位置が元の位置に回復しました。

 

前歯は入れたばかりなので、そのままの状態とし、奥歯の色のあっていなかった差し歯を前歯の色と合うようにオールセラミックでお作りしました。

 

差し歯を、オールセラミックなどでやり直しをされる際には歯茎の再生治療を合わせて行うことで、このケースのように本来の長さの差し歯を入れることができます。

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のページをクリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療のページ