差し歯の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療ケース9

オールセラミック 治療中に、仮歯の歯の長さが長いことで相談にいらっしゃる方がいます。

 

歯茎が下がってしまった状態でそのままオールセラミック 治療を行うと、歯の長さが長くなってしまうという問題が起こります。

 

歯茎の再生治療を行うことで、オールセラミック の長さを短くすることができます。

差し歯の歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療
差し歯の歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療

右側の前歯の長さが長いのを気にされてご来院いただきました。

 

前歯の治療を他院で行っていたのですが、歯の長さを短くすることはできないと言われたようです。オールセラミック をピンクの歯茎がついたもので作成されるのが嫌で当院に転院されていらっしゃいました。

 

歯茎の再生治療とオールセラミック治療ではの大きさを左右で揃える計画を立てて治療を行いました。

差し歯の歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療
差し歯の歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療

歯茎の再生治療を行った後の状態。歯茎の位置が左右でほぼ揃っています。歯茎の位置が揃うとあとは歯の形を修正して、オールセラミック を作成していきます。仮歯を入れ替えて、歯茎の再生治療を行って経過を見ている時の状態。

 

歯の長さは揃いましたので、歯の形の修正を行っていきます。


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯3本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミック 1本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)スペシャルオールセラミック 1本で12万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。