歯茎再生14 前歯

前歯の歯茎が下がってしまうことがあります。

 

今回は、前歯及び犬歯、小臼歯の歯茎が下がってしまった場合の治療例をご説明いたします。

ご自身の歯の歯茎が下がってしまったケース
ご自身の歯の歯茎が下がってしまったケース

歯茎が下がってしまうと、お写真のように歯の長さが長くなります。歯の部分と、歯の根っこの部分が歯茎の外にありますが、歯の根っこの部分は少し色が濃く見えます。

 

お写真のように、歯茎が腫れたり、歯周病が進行していなくても歯茎が下がってしまうことがあります。

 

歯茎を回復する治療として、歯茎の再生治療(結合組織移植術)という方法があります。

歯茎の再生治療を行ったケース
歯茎の再生治療を行ったケース

 

 

お写真は、歯茎の再生治療後の状態です。完全に元の状態に戻ったわけではありませんが、露出していた歯の根っこの大半が歯茎で覆われています。

 

 

歯茎の再生治療に関しましては、下記のリンクページをご覧ください。

歯茎の再生治療のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療を文章で書いても誤解が生じてしまうこともございますので、典型的な治療例をいくつか紹介させていただきます。なるべく多くのケースを紹介することでご理解いただければと思います。ただし、上記文章の通り、保険外診療であることと、リスクもありますので上記文章をしっかりとご確認ください。

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯・奥歯6本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。1~3本までで7万円(税別)かかります。このケースでは、本の歯茎の再生治療を行っておりますので、14万円(税別)かかりました。

 

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。