ブリッジケース 歯茎の再生 15

歯を抜くことになってしまって、ブリッジにするケースでの歯茎の再生治療は、歯茎の位置を回復し、歯茎の厚みも増すことが可能です。

 

特に前歯の見た目がきになる部分のブリッジ治療の際には歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行わないと長い歯になってしまったり、厚い歯になってしまうことがあります。

 

今回は、ブリッジ治療と合わせて歯茎の再生治療を行ったケースをご紹介いたします。

ブリッジと歯茎の再生
ブリッジと歯茎の再生

前歯が折れて歯を抜かなくてはいけない状態になってしまっています。歯茎が下がってしまっている上、歯茎の形も不揃いで黒ずみわるくなってしまっています。

 

虫歯も深く、前歯4本のオールセラミックブリッジと歯茎の再生治療を合わせて行う計画を立てて治療を行いました。

ブリッジと歯茎の再生
ブリッジと歯茎の再生

歯茎の再生治療と合わせてオールセラミックのブリッジ治療を行いました。

 

歯茎のラインはだいぶ綺麗になりました。

歯と歯の間の骨の吸収してしまっていた部分は、完全な歯茎の回復はできませんでしたが、見た目は満足していただけました。

 

骨が吸収してしまったケースは費用がかかりますが、骨の再生治療を合わせて行うとより歯茎の回復が期待できます。

 

歯茎の再生治療のページ