審美歯科は仮歯の調整が重要です。

オールセラミック にしたからと言っても審美的でない場合もあるようです。

 

あまり多くは見かけませんが、オールセラミック など審美歯科治療を行う際には、仮歯で歯の大きさや形、歯の角度などを確認するようにする必要があることは、このブログでよく記載させていただいておりますが、最近でもオールセラミック が出っ歯な感じがすると言うことですご相談を受ける事がよくあります。

 

今回は、オールセラミック の位置が出ていて出っ歯に見えるという方の、オールセラミック 再治療ケースをご紹介いたします。


オールセラミック をいれたけど出っ歯に見えてしまったケースの再治療例


治療前

正面から見ると少し膨らんでいる感じに見える事と、色が悪いように見えます。

 

最近オールセラミック で治療をしたけど、見た目に納得いかず、治療した病院に修正をお願いしたけどこれ以上治らないと言われたという事で、当院にご相談にいらっしゃいました。

下から見るとかなり前歯が出て段差がついてしまっている事がわかります。


治療後

審美歯科治療後の状態

 

仮歯で、歯の出っ張りがないことを確認した上でオールセラミック を作成しました。

神経のない歯でしたので、歯の位置を調整することは比較的容易に行えました。

 

合わせて、歯茎のラインを左右対称になるように仮歯の形を修正して歯茎の形を少し尖らせています。真ん中の歯茎の形を変更して歯茎の形を左右対称に近くする事ができました。

 

このケースのように、仮歯をしっかりと調整することで、歯の位置を揃える事が可能になります。仮歯の調整が重要になります。

 

また、歯の色を明るくし周囲の歯に色を合わせました。

 

審美歯科のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

ただ、注意していただきたいのが、仮歯の形はどのような形でも作れるわけではありません。噛み合わせや歯茎の状態によってご希望の形が難しい場合もあります。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、神経のある歯の場合、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。