歯茎の整形とオールセラミック の透明感を変更したケース

前歯を綺麗に見えるようにしたい場合、歯の大きさも重要な要素になります。

 

今回は、前歯の大きさを歯茎の整形を行い、平均的な歯の長さにした上で、オールセラミクの再治療を行い、歯の透明感を出してなるべく自然な感じに見えるようにしたケースのご紹介です。

治療前、前歯の大きさが不揃いなセラミックが入っています。

平均的な歯の長さより短いため、ご相談の上歯茎の整形をおこなった上でオールセラミック の再治療をすることになりました。

 

 

治療後の状態。

 

歯の大きさがほぼ左右対称になりました。

また、透明感のあるオールセラミック を使用することで、自然な感じの見た目に近くなりました。

歯茎の整形や審美歯科はそれぞれ別のページにて詳しい内容を記載させていただいております。詳しくは、下記のリンクページをご覧ください。

 

審美歯科のページ


~審美歯科治療と歯茎の整形の注意点~

 

歯茎の整形や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の整形3万円(税別)、オールセラミック (スタンダードタイプ)1本9万円(税別)6本で54万円(税別)かかりました。また、金属の土台を取り除き、ファイバーコア(税別2万円)という歯の土台を6本入れたため12万円(税別)かかりました。