歯茎の再生 No.51 長い差し歯のブリッジを歯茎の再生とオールセラミックで歯の長さを短くしたケース

美容歯科の医院などで治したブリッジのセラミックも10年ほど経つと歯茎が下がり息が漏れたり、また、その状態でセラミックの再治療をすると歯が長くなると言われたりした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

歯茎が下がってしまった位置に合わせて歯を削りなおして綺麗なオールセラミックのブリッジを入れた方の中に、セラミックの歯の長さが長くてなんとかしたいという残念な相談にいらっしゃる方もしばしばあります。

 

当院では、歯茎の再生治療を行うことで、歯の長さを元の状態に回復した上で、オールセラミックの再治療を行いますので歯の長さを小さくすることができます。

 

今回は、前歯のブリッジの歯茎が下がって隙間や長さが気になるという方の審美歯科治療ケースをご紹介いたします。


前歯のオールセラミックブリッジが古くなって歯茎が下がってきた場合の審美歯科治療ケース

治療前

前歯のオールセラミックの歯茎が下がってしまって隙間が開いてきています。
前歯のオールセラミックの歯茎が下がってしまって隙間が開いてきています。 

よく見かけることなのですが、前歯にブリッジをした方の歯茎は非常に下がりやすいため、ブリッジをセット後、10年ほど時間が経つと、歯茎に隙間ができてしまうことや歯茎が下がって歯の根っこが露出して黒く見えてしまうことがよくあります。

歯茎の再生治療とオールセラミックのやり直しをすることで歯の大きさを小さくしました。
歯茎の再生治療とオールセラミックのやり直しをすることで歯の大きさを小さくしました。

前歯4本のブリッジをやりなおすことで歯茎の隙間を埋めながら、歯の大きさを小さくすることができました。

真ん中の歯がないのですが、歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の厚みを増して、将来的に歯茎が下がりにくくなるように対処しております。

 

歯茎の再生治療のページ

 

審美歯科のページ