歯茎の再生 No.62 長くなったオールセラミックブリッジ審美治療

前歯が歯周病で抜歯となってしまうことがあります。前歯の歯周病が進行して、歯茎が下がってしまっていると、抜歯をしてブリッジ治療をしたとしても長い歯になってしまいます。

 

歯周病が進行してしまった歯を抜いてブリッジ治療をする場合は、吸収してしまった骨や歯茎を再生させて元あった状態にしてからブリッジ治療をすることで、審美的な見た目に回復します。

 

今回は、抜歯後に骨と歯茎を再生してオールセラミックブリッジ治療を行ったケースをごしょうかいいたします。

 

前歯が歯周病で抜くことになってしまった場合の審美歯科治療例

歯茎の再生 62 長くなったオールセラミックブリッジ審美治療
歯茎の再生 62 長くなったオールセラミックブリッジ審美治療

インプラントを入れた前歯が炎症を起こしてしまい、また見た目も悪いため、インプラントを除去して骨や歯茎を再生させたうえでオールセラミックブリッジにて審美歯科治療を行う計画を立てました。

歯茎の再生 62 長くなったオールセラミックブリッジ審美治療
歯茎の再生 62 長くなったオールセラミックブリッジ審美治療

歯の色や、形も長年気になっていたということで、前歯5本をオールセラミックで治療しました。抜いた歯の骨と歯茎を再生させて歯の長さが小さくなるようにしました。以前に比べて歯の大きさを小さくすることができて非常に満足していただきました。


歯茎の再生治療の注意


骨や歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療7万円(税別)、骨の再生治療20万円(税別)オールセラミック治療5本で48万円(税別)かかりました。

 


また、骨や歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839