矯正モニター治療 前歯の出っ歯

今回ご紹介させていただくのは、前歯の出っ張りを気にされてご来院いただいた方の矯正モニター治療のケースです。

 

骨格的には平均的でも歯の角度が前に傾いていると出っ張って見えてしまうことがあります。

 

噛み合わせもしっりと噛んでいる場合、前に傾いた奥歯を後ろ起こすことで前歯の出っ張りが解消されます。

 

場合によっては便宜的に歯を抜かずに見た目を改善できる場合もあります。


矯正治療前の横から見た歯並び

奥歯のかみ合わせはしっかりしてますが、前に向かって傾いてしまっています。

 

そのため、前歯も押された感じに前に傾いています。

矯正治療中の状態

奥歯にマイクロインプラントというものを入れて奥歯を含めて、前歯も後ろに引っ張っています。

 

ワイヤーが白い審美矯正モニターで治療を行っております。

矯正治療後の状態

奥歯が治療前に比べてまっすぐになったのが分かりますか?

 

奥歯が起こされた状態と言っていますが、後ろに傾くことで、前歯の角度もまっすぐになり、口元の出っ張りが改善されました。


前から見た状態


~歯並び治療の注意点~

 

審美歯科治療や矯正は保険外診療となります。

 

全体矯正治療も保険外診療となります。審美矯正モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万3千円(税込)と矯正費用総額¥580,800-(税込)がかかります。

 

矯正治療で口元の出っ張りなどの歯並びを治す場合、歯の入る場所を作るために歯と歯の間を削って隙間を作ったり、歯を抜いたり、噛み合わせの強く当たる部分は削って調整することがあります。通常削ってもしみることはありません。

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

 

  


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921