根の治療・神経の治療


歯の中に神経や血管が入っている空洞があるのをご存知でしょうか?

この空洞を専門用語で歯髄腔と呼んでいます。

 

虫歯が進行すると、細菌がこの歯髄腔の中に侵入します。

細菌が侵入すると、何もしてなくても歯がズキズキ痛むことや、痛み止めが効かず夜寝れないくらい痛いと言った症状が出ます。

 

細菌が侵入し歯髄腔の中に菌が蔓延すると体の抵抗力では細菌を減らすことができないため、歯科治療をすることになります。

 

こういった歯科治療を根の治療とか神経の治療と呼ぶことも多いですが、専門用語では根管治療と呼んでいます。

 

根管治療では歯髄腔の中の細菌を減らし、今後増殖しないようにすることが必要になります。

 

 

根っこの治療をして歯が残せるかもしれません

左が治療前の状態です.歯を抜きたくなくて転院されていらっしゃいました.根っこの先に黒い像が見えますが,これが炎症のレントゲン像です.真ん中の写真は根っこの治療を行った後の状態です。MTAセメントという特殊なセメントで根っこを封鎖しています.右が根の治療から4ヶ月後の写真です.根っこの先の黒い部分が小さくなっているのは骨出来たためで、炎症が引いたと考えられます.歯を抜かずに残す事が出来ました.


このケースのように歯の根っこが炎症を起こして根っこの先に炎症が広がった場合、通常の根の消毒では炎症が引かない場合があります。こういった場合でも、歯の根っこをしっかりと消毒して炎症を引かせる事が出来る場合もあります.


また、通常の根っこの消毒で治らない場合でも、根っこの先の炎症を外科的な方法で根っこの先の炎症部分を切り取って封鎖することで歯を残せる可能性があります。


根の治療のトピックス

根管治療のトピックのリンク


根の治療の期間について

当院の歯の根っこの治療は通常2回で終了します。急性症状がある場合は様子を見る場合もあります。歯の内部の洗浄が終わった段階で最終的なお薬をお詰めしております。根の治療を行う場合、根の治療で効果があるか治療前にしっかりと診断する必要があります。歯にひびが入っていたり穴が開いていたりする場合は根の治療だけを行っても炎症が引きませんので、根の治療を長期間に行っても時間の無駄となってしまいます。もし、何年にもわたる長期間に根の消毒をされている方がいらっしゃいましたら、他に原因がないか確認されてはいかがでしょうか?



根の治療のブログ

より正確な治療を行うために使用する歯科用の顕微鏡

拡大鏡と顕微鏡を使用した歯科治療って最近見かけるけど、私には何の得があるの?と思われている方もいらっしゃるかと思います。

簡単に言うと治療の安全性が高まるということです。

続きを読む

神田ふくしま歯科Blog 審美歯科治療で歯の神経を取る場合について

歯並び治療を審美歯科治療で行う場合に歯並びの状況によっては神経を取らないと並べられないケースがあります.

 

神経を抜きたくない場合はオプション治療となりますが,部分矯正治療を行ってから審美歯科治療を行う、直接覆髄法を行うなどの処置も行っております.

続きを読む

根っこの先端に膿の袋が出来てしまうことがあります。

歯の根っこの先端に膿の袋が出来てしまった場合、経過を見るということで何もしないか、積極的に治療するかを選択します。

 

症状があったりする場合は、積極的に治療をすることをお勧めしております。歯根端切除術という方法で膿の袋とその原因になると考えられる歯の根っこの先端3ミリ程を取り除きます。

 

この方法は、顕微鏡(マイクロスコープ)を見ながら行うことで成功率が飛躍的に上がりました。

続きを読む

神田 歯科ブログ 顕微鏡の使用で金属のコア除去をしっかりと取り除けます。

顕微鏡
顕微鏡

歯の根っこの治療を行うとき、歯に刺さっているコアという土台を外さなくてはいけません。

 

このコアを外すのが厄介で、顕微鏡がないと安全にとれないため、コアが入っている歯の根っこが炎症してしまうと歯を抜くことを勧められます。

 

しっかりと拡大して見れば、歯のコアを外すのはそれほど難しいことではありません。歯を残すためにコアをはずすべきだと思います。

 

患者様にとっては、金属を削りますので、少し響いてしまうので、怖いかと思いますが、お痛みはないことが多いです。痛い場合は麻酔をいたします。

 

根っこの治療のページ

 

歯の土台を安全に外したいというご相談はまずは無料カウンセリングにお越し下さい。レントゲン等で土台の状態を確認した上で、ご説明いたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

続きを読む

知覚過敏のひどい場合の神経の治療について

虫歯が深くなった場合など、知覚過敏がひどいケースでは歯の神経を取らないと痛みを止める事ができないケースがあります.審美歯科治療を行う場合などでも、歯の位置を変えなくてはいけない場合に歯の神経が非常に過敏になってしまう事があります.

 

基本的に知覚過敏の歯には刺激を加えないようにしていただく事が必要です.強く噛んだり、熱いもの冷たい物などの刺激は加えないようにする事が知覚過敏の症状を緩和していく事につながる事が多いです。試してみたい気持ちは抑えて完全に過敏症が落ち着くまでは刺激を加えない様にしてください.

 

知覚過敏の症状が改善せず歯の神経をとる処置をする場合、しっかりと歯の内部を菌のいない状態にする必要があります.そのため、神経の残留物を残さないようにお薬で歯の内部を消毒します.

 

お痛みが出ても数日で収まりますが、気になるという方には痛み止めをお渡ししています。

 

根管治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

続きを読む