神田ふくしま歯科の口コミページ


神田ふくしま歯科では、実際治療をしていただいた方にご感想の口コミを募集しております.できれば実名で(無理ならニックネームでも構いません.)神田ふくしま歯科では皆様からの叱咤激励をいただく事でさらに良い治療をする糧になると考えております。是非よろしくお願いいたします.

口コミの書式

基本的にどのような形の書式でもうれしいのですが,パターンがあった方が書きやすいと言う方もいらっしゃると思いますので、下記に口コミの記入項目の例を並べさせていただきます.

  • お名前
  • 治療内容
  • 神田ふくしま歯科の良いところ・応援メッセージ
  • 神田ふくしま歯科の改善してほしいところ


それではよろしくお願いいたします.

口コミ投稿いただいた方にはクリーニングなどの1回無料(¥6,000−相当)などのサービスを考えております.



神田ふくしま歯科口コミ投稿フォーム

メモ: * は入力必須項目です


神田ふくしま歯科の特徴ある治療についてのBlog

歯のメンテナンス時の注意

セラミックなどの差し歯のメンテナンスは大丈夫でしょうか?

 

セラミックなどの素材は、ゴシゴシ磨かなくても汚れが落ちやすい素材です。逆に磨きすぎると歯茎が削れて下がってしまう問題が出てきてしまいます。

 

丁寧な歯ブラシと、定期的なクリーニングをすることをお勧めしております。

 

歯茎が下がってしまっても歯茎の再生治療で回復することは可能ですが、歯茎が下がらないようにする方が大切です。

続きを読む

下の前歯の裏の歯茎も回復できる場合があります。

下の前歯の裏側の歯茎が薄いな〜と感じていませんか?

 

歯茎が薄い方は、いろいろなところの歯茎が下がってしまいます。治療が難しい場合もありますが、例えば下の前歯の裏側の歯茎が下がってしまうこともあります。

 

下の前歯は顎の骨が薄いので、表側も裏側も歯茎が下がりやすい部分の一つです。場合によっては、顎の骨から歯の根っこが飛び出してしまている場合もあります。矯正治療をされた方の場合は特に顎の骨の範囲内に歯の根っこが入っていないことがよくあります。

 

続きを読む

根っこの先端に膿の袋が出来てしまうことがあります。

なかなか歯の根っこの炎症が取れないということがあります。

 

歯医者さんに根っこの消毒のために何度も通われた経験はありませんか?

 

根っこの治療は難治せいの場合も多く、長引いてしまったりなかなか治らない場合がしばしばあります。

 

歯の根っこの先端に膿の袋が出来てしまった場合、経過を見るということで何もしないか、積極的に治療するかを選択します。

 

症状があったりする場合は、積極的に治療をすることをお勧めしております。歯根端切除術という方法で膿の袋とその原因になると考えられる歯の根っこの先端3ミリ程を取り除きます。

 

この方法は、顕微鏡(マイクロスコープ)を見ながら行うことで成功率が飛躍的に上がりました。

続きを読む

歯周病で歯が揺れる場合は固定します。

あなたの歯は揺れていませんか?

 

歯周病が進行してしまうと、歯周病のポケットが深くなり、歯と顎の骨の結合が剥がれてしまうため歯が揺れるようになってしまいます。

 

また、歯周病が進行してしまった場合、歯の揺れは噛み合わせるたびに大きくなってしまうこともあり、歯や歯茎や歯の周囲を支える骨に大きなダメージを与えてしまうことがあります。

 

こういった場合、通常の噛む力で歯にダメージが加わらないように、噛み合わせを調整したり、歯を何本かつなげて動かないように固定します。噛む力を残っている歯全体で分担するようにします。歯を固定して歯が揺れないようにすることで、歯周病の進行を抑えることができる場合があります。

 

また、歯周病で見た目が悪くなってしまった場合、特に前歯などでは、オールセラミックを連結することで歯を固定することがあります。

続きを読む

歯茎が下がってしまった部分は虫歯になりやすい?

歯茎が下がってしまった部分を詰め物で埋めた経験はありませんか?

 

下のお写真のように歯茎が下がってしまって、歯の根っこが露出してしまったところにレジンという詰め物をすることは非常に多いです。歯茎が下がってしまうと歯ブラシもしにくくなりますし、また、この部分は酸に対して溶けやすいため非常に虫歯になりやすい部分です。

 

炎症がない場合でも歯周病と同じように歯茎が下がってしまうことがあります。

続きを読む