歯周外科処置

歯周病は歯科医院で歯石を取れば治る!?

とお考えの方も多いと思いますが、通常の歯石取りでは歯茎の中に入り込んでしまった歯石を完全に取り除くことはできません。

 

多くの歯科医院では歯周病は治らない病気と説明しているようです。

歯周病の治療はできるだけのことはやって、改善しない場合や悪くなったら抜きましょうと言われることも多いようです。

 

なぜ歯周病が治らないかというと、歯茎の内部に入り込んでしまった歯石を完全に取り除くのが通常の歯科医院では困難だからです。

 

歯茎の中に取り残した歯石があると歯周病は進行し続けます。

 

そのため、歯石を完全に歯の根っこから取り除く方法が必要になります.

 

歯茎の内部の歯石をほぼ完全に取り除く方法として歯周外科処置があります.

 

歯周外科では、歯茎の歯周ポケットとなる部分を切り開いて、歯の根っこの部分を直接見える状態にします.直接見える状態の歯の根っこを拡大鏡を使用してしっかりと取り残しないように歯石をお取りします.直接目で見て歯石をお取りしますので、歯石を取り残すリスクは少ないものとなります。


歯周外科
歯周外科

 

 

お写真の白い仮歯の下の歯の根っこについている黒い塊が歯茎の内部で大きくなった歯石です。この歯石に細菌が増殖する原因があります。完全に取り除く必要があります。

 

お写真のように、歯茎の内部には予想以上に大きい歯石が付いている場合があります。歯茎の内部の歯石は固く頑丈にはの根っこに付着しているため、歯茎をめくってみないと完全に取り切れているかわからない場合もあります。


歯周外科処置と痛み

歯周外科処置が歯周病の改善のために、歯石を取るには大切なのはわかったけど、痛いんでしょ?やっぱり嫌だなあ。という方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

どうにもならなくなったら歯周外科処置をやってもいいけど・・など、外科と聞くと嫌なイメージが強いかと思います。

 

そもそも歯茎を切るなんて聞いたことないという方も多いのではないでしょうか?

 

外科処置というと、痛そう・腫れそうというイメージが連想されてしまうのかもしれません。

 

 確かに歯周外科は外科処置ですので、麻酔をしないと痛い治療です。しかし、親知らずを抜く場合と違って麻酔をするとお痛みは感じなくなりますし、腫れも親知らずを抜くほどは腫れません。

 

痛みに関して、歯周外科処置は、通常の歯みがきの確認や歯石取りの後で、歯茎の炎症が引いて歯茎からの出血が落ち着いてから行うので、それほど痛みや腫れはありません.炎症が残っている場合の外科処置は痛みと腫れが出やすくなります。

 

 

歯周病が中程度以上に進行してしまったら歯周外科処置をお勧めします。


歯周ポケットが5ミリ以上あって、骨の吸収が起こっている歯周病の状態であれば、通常の歯石とりなどでは歯周病が改善されにくいため、歯周外科処置をされることをお勧めします。

 

骨の吸収してしまっている場合は合わせて骨の再生治療をされることがお勧めです。骨の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記ささせていただいておりますので、合わせてご覧ください。

 

骨の再生治療のページ


お問い合わせ

歯周病の治療は終わったけど歯周病が治っていないと言われて、歯が抜けるのを待っている方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にお越しください。

 

無料カウンセリングではパノラマレントゲンの撮影、カウンセリングを無料で行っております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921


歯周外科後の注意

歯周外科処置の後、気をつけていただきたいことがあります。

  1. しっかりと抗生剤を飲んでいただきます.通常3日間飲んでいただきます.
  2. また、オペの当日は血圧のあがるような行為は出血が増す可能性があるため控えていただきます.
  3. 歯茎がはがれやすいためオペの部分の歯ブラシをしないでください.うがい薬をお出ししますので、うがいをしてください.
  4. 尖ったものは歯茎を傷つける可能性がありますので食べないようにしてください.例えば、フランスパン・天ぷら・唐揚げなど尖ったものはさけてください.
  5. 通常、痛みが続くことはないので2〜3日経っても痛みが続く時にはご連絡ください。

歯周外科処置に関するブログ

あなたの歯茎が腫れている場合、歯茎の中に大きな歯石がついているかもしれません。

お薬で歯周病を治すとか、光で治すとか言っても、歯茎の中にこびりついている歯石を完全に取り除かないことには歯周病が治るわけがありません。


歯茎の内部の歯石は頑丈ですので、しっかりと目で見て取り残しがないように全てを削り取る必要があります。

続きを読む

拡大鏡を使用した歯科治療の方が安心感ありませんか?

拡大鏡
拡大鏡

治療は裸眼でして欲しいですか?それとも拡大鏡を使用してして欲しいですか?

 

昔は、見えないところを手先の勘で治療するなんて事が普通に歯科大学で教えられていましたが、この拡大鏡を使用する事で、勘に頼る部分がすごく減りました.実際に見えるところを処置するのでほとんどの治療の結果はその場でわかります.また、原因不明という事でご来院された方の原因がわかる事も多いです.

 

患者様にとって、勘に頼った治療よりしっかりと確認しながら治療をされた方が安心ではないでしょうか?しっかりと見えている状態で治療されるのと見えていない状態で治療されるのでは安心感が違うのではないかと思います。私が治療してもらうなら拡大鏡を使用している歯科に行きたいと思います。

 

精密歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載冴えて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

精密歯科治療につきましては詳しいページをご覧ください.

 

精密歯科治療に関しまして、治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

続きを読む

神田 歯科ブログ マイクロメスの使用でより綺麗な外科治療の仕上がりになります。

細くて切れるメスほど歯茎の治りが良くなる傾向があります。

 

外科処置をする際には細い刃先のメスを使用してなるべく短期間に歯茎がくっつくようにしております。

 

続きを読む

神田ふくしま歯科ブログ 再生治療を低侵襲で行う精密外科治療

精密外科治療
精密外科治療

外科処置では精密さが必要です.

 

歯科治療でも外科的な処置が中心になりますので、お医者さんが拡大鏡や顕微鏡を使用して手術をするように歯医者でも拡大した視野で治療を行う事が中心になってきています.

 

拡大鏡を使用して外科処置を行います。そのため、従来行っていた外科治療のように大きく歯茎を切り取らなくても歯周病の病巣にアクセスして見ることができます。歯茎を切る範囲が大幅に少なくなりました。お痛みや腫れも従来のようにしばらく続くことも無く、むしろ歯周病の痛みがオペ後に落ち着くこともあります。

再生治療は精密外科治療で行うことをお勧めします。

 

精密しか治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

精密歯科治療のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

 

 

続きを読む

神田ふくしま歯科Blog 深い虫歯の治療

あなたは虫歯を放置していませんか?差し歯の中の虫歯は非常に深くまで進行してしまう可能性があります。

 

神経を抜いた歯の差し歯の内部は虫歯が深くなりやすく、歯茎の内部まで進行してしまった場合は、通常の虫歯治療では対応できない場合があります.場合によっては歯を抜くと言う診断をしなくては行けない場合もあります.

 

差し歯の定期検診はレントゲンも合わせて取られることをお勧めしております。

 

差し歯の内部の状態は外側から見ても分かりにくいため、定期検診では、レントゲンで内部の状態を確認することをお勧めしております。

続きを読む