歯周外科処置

歯周病は歯科医院で歯石を取れば治る!?

とお考えの方も多いと思いますが、通常の歯石取りでは歯茎の中に入り込んでしまった歯石を完全に取り除くことはできません。

 

多くの歯科医院では歯周病は治らない病気と説明しているようです。

歯周病の治療はできるだけのことはやって、改善しない場合や悪くなったら抜きましょうと言われることも多いようです。

 

なぜ歯周病が治らないかというと、歯茎の内部に入り込んでしまった歯石を完全に取り除くのが通常の歯科医院では困難だからです。

 

歯茎の中に取り残した歯石があると歯周病は進行し続けます。

 

そのため、歯石を完全に歯の根っこから取り除く方法が必要になります.

 

歯茎の内部の歯石をほぼ完全に取り除く方法として歯周外科処置があります.

 

歯周外科では、歯茎の歯周ポケットとなる部分を切り開いて、歯の根っこの部分を直接見える状態にします.直接見える状態の歯の根っこを拡大鏡を使用してしっかりと取り残しないように歯石をお取りします.直接目で見て歯石をお取りしますので、歯石を取り残すリスクは少ないものとなります。


歯周外科
歯周外科

 

 

お写真の白い仮歯の下の歯の根っこについている黒い塊が歯茎の内部で大きくなった歯石です。この歯石に細菌が増殖する原因があります。完全に取り除く必要があります。

 

お写真のように、歯茎の内部には予想以上に大きい歯石が付いている場合があります。歯茎の内部の歯石は固く頑丈にはの根っこに付着しているため、歯茎をめくってみないと完全に取り切れているかわからない場合もあります。


歯周外科処置と痛み

歯周外科処置が歯周病の改善のために、歯石を取るには大切なのはわかったけど、痛いんでしょ?やっぱり嫌だなあ。という方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

どうにもならなくなったら歯周外科処置をやってもいいけど・・など、外科と聞くと嫌なイメージが強いかと思います。

 

そもそも歯茎を切るなんて聞いたことないという方も多いのではないでしょうか?

 

外科処置というと、痛そう・腫れそうというイメージが連想されてしまうのかもしれません。

 

 確かに歯周外科は外科処置ですので、麻酔をしないと痛い治療です。しかし、親知らずを抜く場合と違って麻酔をするとお痛みは感じなくなりますし、腫れも親知らずを抜くほどは腫れません。

 

痛みに関して、歯周外科処置は、通常の歯みがきの確認や歯石取りの後で、歯茎の炎症が引いて歯茎からの出血が落ち着いてから行うので、それほど痛みや腫れはありません.炎症が残っている場合の外科処置は痛みと腫れが出やすくなります。

 

 

歯周病が中程度以上に進行してしまったら歯周外科処置をお勧めします。


歯周ポケットが5ミリ以上あって、骨の吸収が起こっている歯周病の状態であれば、通常の歯石とりなどでは歯周病が改善されにくいため、歯周外科処置をされることをお勧めします。

 

骨の吸収してしまっている場合は合わせて骨の再生治療をされることがお勧めです。骨の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記ささせていただいておりますので、合わせてご覧ください。

 

骨の再生治療のページ


お問い合わせ

歯周病の治療は終わったけど歯周病が治っていないと言われて、歯が抜けるのを待っている方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にお越しください。

 

無料カウンセリングではパノラマレントゲンの撮影、カウンセリングを無料で行っております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921


歯周外科後の注意

歯周外科処置の後、気をつけていただきたいことがあります。

  1. しっかりと抗生剤を飲んでいただきます.通常3日間飲んでいただきます.
  2. また、オペの当日は血圧のあがるような行為は出血が増す可能性があるため控えていただきます.
  3. 歯茎がはがれやすいためオペの部分の歯ブラシをしないでください.うがい薬をお出ししますので、うがいをしてください.
  4. 尖ったものは歯茎を傷つける可能性がありますので食べないようにしてください.例えば、フランスパン・天ぷら・唐揚げなど尖ったものはさけてください.
  5. 通常、痛みが続くことはないので2〜3日経っても痛みが続く時にはご連絡ください。

歯周外科処置に関するブログ

歯茎の中の歯石取りについて

歯周病が進行してしまう原因に歯茎の中の歯石があります。


歯茎の中の歯石をしっかりと取ることが重要になります。

続きを読む

根管治療で歯の根っこの先端の骨を回復します。

根管治療
根管治療

歯の根っこの神経を抜いた後、根っこの内部で細菌が増殖すると根っこの先端の部分の周囲に炎症反応がおこります。

 

レントゲン写真では、骨が吸収して黒い丸い像が見えるようになります。

 

お写真の上のほうに黒い丸い像は歯の根っこの炎症で骨が吸収してしまった像です。

 

しっかりと根っこの中の細菌を取り除くことで、骨の吸収が回復することが期待できます。

続きを読む

ミーレジェットウォッシャーってご存じですか?

ミーレジェットウォッシャー
ミーレジェットウォッシャー

 

 

 

 

 

 

当院ではより安心して治療を受けていただくために、滅菌に力を入れています。

 

今回は、器具を1次消毒するミーレジェットウォッシャーという洗浄機の紹介です。

 

先日購入した、ミーレジェットウォッシャーは、単なる食洗器と同じではありません。国際規格(ISO15883)に準拠した高性能洗浄器です。歯科用器具を確実に洗浄・消毒するといわれています。

 

特にお口の中で使用する器具の消毒は非常に重要になります。矯正用の器具なども消毒後、滅菌して使用しております。

 

メーカーのカタログには以下の効果が紹介されています。

 

ハイパワー熱水消毒 ミーレ ジェットウォッシャーのプログラム『Vario TD』では、最終工程で 93℃ /5 分間の 熱水消毒を行います。

 

これは、消毒水準分類における「芽胞を除く微生物を殺滅する」とい う高水準消毒(high-level disinfection)に相当し、B 型肝炎ウイルスなど耐熱性病原体も不 活性化する水準になります

 

神田ふくしま歯科

 

精密歯科治療で外科治療の腫れが少なくて済みます。

拡大鏡
拡大鏡

近年、歯周病の場合や、根っこの炎症を取るために拡大鏡や顕微鏡を使用する場合が増えてきています。

 

なぜ拡大鏡や顕微鏡を使用することで、炎症を取り残さ無いようにするためだけでなく、適合よく歯茎を縫い合わせた場合には歯茎の治りが早くなることがしられています。

 

最小限の処置をするために拡大鏡を使用します.

 

精密歯科治療で、拡大鏡を使用することで外科的な処置を行うときに従来は大幅に歯茎を切らなくては光が入らずに見えなかった部分が小さく切るだけでも確実に見えるようになりました。問題の部分だけを処置する最小限の外科処置が拡大鏡を使用する事で可能になります.

 

最小限に歯茎を切るため,術後の腫れは格段に少なくなりました。また、精密歯科治療を行うことで、傷の治りが早くなります。これも最小限の量の歯茎を切ることができるからです。

 

また、治療後の結果も良くなります.

 

精密歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております。クリックしてご覧ください.

 

精密歯科治療のページ

 

精密歯科治療をご希望の方はまずは無料カウンセリングにお越し下さい.無料カウンセリングにて治療方法、治療期間のご説明、治療費のお見積もりをお渡しします.

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む

従来難しかった歯と歯の間の歯茎が再生できるようになってきました。

歯と歯の間の歯茎も再生される!?

 

歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合に、歯茎の移植を伴う再生治療では、歯と歯の間の歯茎を回復させることが難しいことが報告されておりました。

 

歯と歯の間は移植した皮膚に血液が供給しにくいため上げた皮膚が維持されないものだと私も考えておりました。

 

それが、この数年骨の再生治療を行う際に使用するリグロスという生体材料を歯茎の再生に併用することで、歯と歯の間の歯茎も回復するケースが出てきました。今後、研究が進んで歯と歯の間の歯茎の回復も根拠のある治療になってくるかもしれません。

 

今回は、従来、部分的な歯茎の回復を歯茎の再生治療で行い、歯と歯の間の隙間が気になる場合はダイレクトボンド法などの手段で隙間を埋めてきたケースに対して、リグロスと皮膚移植を併用して歯と歯の間の歯茎がある程度回復したケースをご紹介いたします。

続きを読む