インプラントオーバーデンチャー

、使用中の入れ歯にお悩みがありませんか?

・入れ歯が痛くて食べられない

・入れ歯が動いてズレやすく食べにくい

・入れ歯が当たって痛いので、調整のために頻繁に歯医者に通っている

・ベタベタくっつく入れ歯安定剤で食べ物の味が悪くなる

・話しているときに入れ歯が外れるのが気になる

・入れ歯の厚みでしゃべりずらい

・入れ歯を大きくすると吐き気がする

・入れ歯を入れると異物感があり入れられない

これらのお悩みを解決できる治療法があります。それが、インプラントオーバーデンチャーです。

 

当院では、ロケーターインプラント LOCATOROVERDENTUREIMPLANTSYSTEM(LODI)という入れ歯用のインプラントを使用し、動かない入れ歯を作製しています。このシステムを使用することで、多くの入れ歯の問題点を解決できる可能性があります。

下顎の入れ歯(特に総義歯)はお食事中に舌が動き入れ歯が不安定になるため、食べ物が入れ歯の内面に入り込んで歯茎が痛くなったり、歯茎がこすれて痛くなりやすいといった大きな欠点があります。また、入れ歯は噛めば噛む程歯茎に食い込むので、硬いものを食べると歯茎が痛くなります。また、合わない入れ歯を長期にわたり使用していると、顎の骨がやせていきます。そうすると、ますます入れ歯が安定しづらくなります。

しかし、ロケーターインプラントを使用すると、入れ歯をインプラントにカチッと固定するので、入れ歯が動かなくなり歯茎に沈み込まないので硬いものでも劇的に噛めるようになる方もいらっしゃいます。多くの患者様は驚かれ、お食事が快適にできることに感動されます。インプラントを用いることで、入れ歯のデメリットはかなり払拭されるのです。

ロケーターインプラントは下顎用で、インプラント埋入直後に力をかけることが可能です。したがって、インプラント埋入手術をした日に入れ歯を固定でき、手術当日から早速、今までよりも噛みやすくなります。本来、インプラント埋入したら、約2ヶ月間はインプラントに負荷をかけることはできませんが、このロケーターインプラントはそれが可能なのです。入れ歯の限界を覆す、画期的な最先端の技術ですね!!!

<上顎のインプラントオーバーデンチャー

上顎には、LODIのような入れ歯用のインプラントではなく、普通のインプラントを用います。インプラントにアタッチメントをセットして入れ歯を固定します。アタッチメントは数種類ありますが、当院ではマグネットアタッチメント(磁石)やバーアタッチメントを使用しています。

 

Question

 

1.上顎のインプラントと下顎のインプラント(LODI)の違いは何ですか?

LODYは義歯専用なのでインプラントのサイズが小さく出来ています。したがって、骨の幅の比較的薄いところにも入れることが可能です。骨が痩せてしまって諦めている方も、LODIなら入れられる可能性があります。

・普通のインプラントは埋入してインプラントと骨がつくのを数ヶ月間待ちます。その後にインプラントにアタッチメントをセットして入れ歯を固定します。一方、LODIは埋入直後に負荷をかけることが可能ですので、インプラントを入れたその日に入れ歯が固定されます。したがって、治療期間も短くなります。

LODIはアタッチメント込みの費用となっていますので、普通のインプラントよりも安価で治療を受けていただくことが出来ます。

 

2.現在、入れ歯を使用していますが、使用中の入れ歯をそのまま使うことは出来ますか?

入れ歯の状態にもよりますが、調整して使用できるケースも多いです。金属床義歯といって内側が金属になっているものは、調整が難しい場合があります。

 

3.骨が痩せていますが、インプラントは入れられますか?

普通のインプラントは直径が3.3〜5.0mmですが、LODIは直径が2.4mm2.9mmでかなり小さいため、骨が細い部位にも入れられる可能性があります。CT画像で骨の幅を診て、インプラントが入れられるかどうかは判断出来ます。

LODIタイプのインプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー