歯並びをセラミックで治療


歯並びを治すには 審美歯科という方法もございます。

歯並びを短期間に治したい方はとてもたくさんいらっしゃいます。

 

歯並びを治すために、矯正装置はつけたくない方、何年もかけてマウスピース矯正もしたくない方も多いのではないでしょうか。

 

そのようなご希望の方に、別の選択肢として、歯並びをセラミックで治療する方法がございます。

 

通常、歯並びの気になるのは前歯の部分です。前歯の歯並びだけを変えて、またきれいな色・形にするのであれば、セラミック治療は患者様にとってメリットがあるのではないでしょうか。

 

セラミックの中でもオールセラミックは、天然の歯とちがい光沢やツヤがあるため、より天然の歯のような自然な感じでありながら上品な見た目となります。

 

歯並びをセラミックで治療される場合、最終的な歯の形を模型上や、実際の口の中に仮歯を入れることで、イメージすることができます。

 

仮歯を微調整して、お好みの形に変更することができることも人気がある理由でしょう。

 

神田ふくしま歯科 

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-1サンミビル6F

審美歯科の無料相談はこちらから

03-3251-3921


歯並びのセラミックで治療したケース


歯が内側に入ってしまった部分を歯茎の整形とオールセラミック治療で歯並びを改善したケース

 

 

 

 

 

ホワイトニングとオールセラミック2本で歯並びを改善歯の神経は残せました。



反対咬合の矯正モニター治療

反対咬合ってご存知ですか?

 

正常な状態では、上の歯が下の歯を覆うように歯並びは並んでいます。

反対咬合は、下の歯が上の歯より外に並んでしまっている噛み合わせのことを言います。

 

反対咬合で矯正治療をお考えの方、見た目だけでなく将来的に奥歯をしっかりと噛むようにする上でも矯正治療はお勧めです。

続きを読む

歯並びが凸凹の方のモニター矯正治療例

歯並びの凸凹を治したい場合、矯正治療や審美歯科治療が治療方法の選択肢となります。

 

今回は、歯並びの凸凹を歯列矯正治療で治した治療例をご紹介いたします。

続きを読む

No32 矯正後に下がった下の前歯の歯茎を再生したケース 

最近歯茎が下がっているのが気になるという方の中には矯正治療を行われた方が多いです。

 

矯正治療後に歯ぐきが下がってしまうことがあります。

 

全体的に歯茎が下がってしまって気になるという方も多いのですが、特に、下の前歯のあごの骨は薄いため、歯ぐきが下がりやすい部位です。

 

今回は、矯正治療後に歯ぐきが下がってしまったところに、歯茎の再生治療を行って歯茎を回復したケースのご紹介です。

続きを読む

矯正と歯茎の退縮 歯茎の再生 31

歯を抜かずに矯正治療をする場合がありますが、あごの骨の幅がない場合は歯ぐきが下がってしまうことが有ります。

 

そんな場合も、歯茎の再生治療は有効な方法です。

 

全体的に歯ぐきが下がってしまった場合、2回に分けて10本ずつご自身の歯茎を移植して歯茎の再生を行います。

 

今回は、全体的に前歯から奥歯までの歯茎が下がってしまった方の歯茎を再生させたケースのご紹介です。

続きを読む

歯列矯正モニター治療

矯正治療を始められる方は、歯周病の確認をする必要が有ります。

 

歯周病が進行してしまうと矯正治療後の予後が悪くなってしまいます。

続きを読む

部分矯正モニター治療

前歯の部分矯正治療は比較的短期間で終わります。

 

矯正治療を以前にしていた方など、噛み合わせは問題ないけど前歯がデコボコという方は部分矯正治療で短期間に歯並びを改善させることができるかもしれません。

 

今回は、前歯の出た感じを部分矯正治療にて治療したケースです。

治療期間は4か月で矯正装置を外しました。

 

続きを読む

No30 矯正治療後に歯茎が下がってしまった方の治療法 

矯正治療後に歯茎が下がって歯の長さが長くなってしまうことがあります。

 

歯茎が下がると、歯の根っこが露出してしまい虫歯になってしまうことがあります。歯磨きが難しいことと、歯の根っこは酸に対して弱いことが虫歯になりやすい原因です。

 

露出した根っこは多くの場合回復させることが可能です。

 

今回は、歯茎が下がって露出した歯の根っこを覆う歯ぐきの再生治療のご紹介です。

 

また、歯の根っこの虫歯を詰め物で充填しても経年劣化を起こし見た目が悪くなってしまいます。見た目を改善するために歯茎の再生治療を希望される方もいらっしゃいます。

続きを読む

部分矯正モニター治療 白いワイヤーを使用したケース

短期間に歯を並べたいという方には、マウスピース矯正よりワイヤー矯正!

 

前歯の簡単な矯正治療は、ワイヤーの矯正治療の方がマウスピースより早く済むことも多いです。特に前歯の傾きを治すのにはマウスピースでは時間がかかります。

 

今回は、特にワイヤー矯正の方が有効なケースとして、歯のねじれ、傾きを矯正治療で治したケースをご紹介いたします。

続きを読む

矯正モニター治療では、反対咬合の方も治療が可能です。

反対咬合といって、下の前歯が上の歯より前に出てしまっていることがあります。

 

そんな時は、矯正治療をすることで、かみ合わせを改善させることができます。

続きを読む

矯正後の歯茎再生 27

矯正治療後に歯茎が下がってお困りの方へ。歯茎を回復させる事ができるかもしれません。

 

矯正治療後に歯の根っこが露出することがあります。

 

通常こういったケースでは、歯茎の厚みが非常に薄いことが多いことが報告されています。歯茎の再生治療で歯茎の位置を回復させると同時に、歯茎の厚みを増すことが将来的に歯茎を下げないために重要になります。

 

今回は、下の前歯の歯茎を再生させたケースをご紹介いたします。

続きを読む

モニター矯正治療例 出っ歯の矯正治療

出っ歯の方のモニター矯正治療ケースのご紹介です。

 

前歯を含めて、上顎の歯が全体的に下の歯より前に出ています。上下の歯の噛み合わせを正常な位置にすることと、前歯の出っ張った感じを改善するために矯正治療を行いました。

続きを読む

八重歯の矯正モニター治療例 抜歯をしないケース

八重歯のモニター矯正治療例。

 

八重歯の出っ張りを抑え、歯の真ん中を合わせ、歯の凸凹した感じをアーチ状に並べました。

歯を抜かずに綺麗に並びました。

 

続きを読む

はぐきの再生 歯並びと歯茎の退縮 24

歯並びが悪い部分の歯茎が下がってしまうことが有ります。

 

例えば、出っ歯とか八重歯の方の歯茎は下がりやすい傾向があります。これは、歯の位置があごの骨より外に飛び出しているために、歯を支える骨が薄いからだと思われます。

 

歯茎が下がってしまっても多くの場合は歯周病が進行していないため、歯茎の再生治療をお行うことで歯茎を回復させることが可能です。

続きを読む

矯正後の後戻りの方もモニター矯正の適応です。

矯正治療後にリテーナーなどを入れなかったり、奥歯が動いて前歯の歯並びが悪くなってしまったりして歯並びが悪くなってしまうことがあります。

 

当院では、矯正後の後戻りをしてしまった方の矯正治療もモニター料金で行っております。

続きを読む

神田ふくしま歯科Blog 前歯の歯並び治療の流れ

お口の中全体的に綺麗にしたいという方は、審美歯科治療を行うことになります。

 

歯並びや、歯の色や形をご希望に合わせて、オールセラミック や部分矯正治療を行います。

 

治療期間を短く、歯の色や形を綺麗にするということで、上の前歯をオールセラミック 治療を行い、噛み合わせや歯並びを改善するためにしたの前歯の部分矯正治療を行うというパターンで治療をされる方が多いように感じます。

 

審美歯科治療の流れの一部を紹介いたします。

続きを読む

歯茎の整形とオールセラミック の透明感を変更したケース

前歯を綺麗に見えるようにしたい場合、歯の大きさも重要な要素になります。

 

今回は、前歯の大きさを歯茎の整形を行い、平均的な歯の長さにした上で、オールセラミクの再治療を行い、歯の透明感を出してなるべく自然な感じに見えるようにしたケースのご紹介です。

続きを読む

あなたも歯列矯正モニターで良い歯並びに

成人の方で、歯列矯正治療(いわゆる矯正治療)を希望される方はなるべく目立たないように。と希望される事が多く、裏側からの矯正治療やマウスピース矯正を希望される方も多くなって来ています.

 

ただ、抑えた料金で歯並びを並べたいと希望されるのであれば、歯列矯正モニターがお勧めだと思います.当院の通常価格より抑えた料金で行うことが可能です。

続きを読む

矯正のモニター治療 口元の変化 唇がめくれているのがスッキリした

歯の位置によって、唇が閉じにくくなってしまって、唇を閉じるのに力が入り、下の顎のところに梅干しのようなわが入ってしまうことがあります。

 

前歯の出っ張りを引っ込めることで、口元がスッキリとすることがあります。

続きを読む

No20 歯茎の再生 歯並びと歯茎の退縮 

今注目の歯科治療、歯茎の再生治療のご紹介です。

 

歯並びが悪い場合、例えば下の前歯が1本飛び出してしまっている場合など、歯と歯の間の歯茎が下がってしまうことがあります。

 

こういった場合は、歯並びを治すために部分矯正治療などを歯茎の再生治療と合わせて行います。

続きを読む

出っ歯の方。矯正治療で口元が変わる!

前歯が出ている方。口が閉じにくくて口を閉じると下唇がめくれたり、顎に梅干しのように力が入りませんか?

 

出っ歯の場合、口を閉じると下唇に歯が当たり唇がめくれてしまう事があります。そのため、唇が分厚く見えてしまいます。歯の見た目もそうですが、唇の見た目も悪く見えてしまう原因となります。

 

こういった場合、矯正治療などで、出っ歯を治す事で、唇の見た目が改善するケースがあります。

 

今回は、唇の見た目を改善したケースをご紹介いたします。

続きを読む

矯正治療モニター料金を希望の方。

矯正治療をモニター料金で希望される方は、骨格的な問題が大きくない方を対象とさせて頂いております。骨格的な問題のある方は、顎変形症といって、特殊な矯正治療を保険適応で出来る場合がありますので、専門医を紹介させて頂いております.

続きを読む

あなたの前歯は1本飛び出してしまっていませんか?出っ歯の歯並び治療のご説明

出っ歯な歯並びを気にされている方は、前歯が1本飛び出してしまっていたり、歯が内側に傾いてしまっている場合があります。

 

歯並びは、アーチ状に並んでいますが、矯正治療などで、アーチを広げる事で、凸凹に並んでいる歯を内側に入れて綺麗なアーチ状に並べる事ができる場合があります。

 

 

続きを読む

歯茎の再生11

歯茎の退縮は、歯の位置によっても起こる場合があります。

 

今回は、歯並びによって歯茎が下がってしまったケースの歯茎の再生治療のご紹介です。

歯の位置が飛び出してしまっている場合は、歯茎が下がりやすいことが多いです。

続きを読む

No10 差し歯の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療ケース

「オールセラミック治療をすれば綺麗になる!」というわけではありません。

 

オールセラミック治療をしたばかりなのに、歯の長さが長い!左右で歯の長さがちがう!といったことでご相談にいらっしゃる方もいます。

 

歯の長さが長いオールセラミックを短くする治療法のご紹介です。

続きを読む

神田ふくしま歯科ブログ 再石灰化で虫歯予防

虫歯の予防は歯の表面からです.


歯の表面は、カルシウムが溶け出したり回復したりを繰り返しています。これは、目に見える変化ではありませんが,日々歯の表面で起こっている現象です.

 

この歯の表面のカルシウムの状態が溶け出す一方となってしまうと、歯の表面が白くなったり、歯に穴があくなど目に見える状態となります.

 

例えば,ワインやお酢など酸性の食品を食べた後は歯の表面のカルシウムが溶け出してます。

 

カルシウムが溶け出すのは一時的です。唾液の中のカルシウムが30分程かけて再石灰化し、回復します。

 

このバランスが保たれている間は虫歯が進行する事は抑える事ができます.バランスが崩れて再石灰化が起きない場合は虫歯が進行します.

 

唾液の再石灰かの作用を上手く利用するために、最近では歯ブラシをするのは食後30分程たってからすることをすすめています。

 

虫歯のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む

審美歯科で転院される方も受け入れております。

審美歯科治療中での転院のご相談を受けることがあります。

 

例えば、審美歯科治療中で仮歯の状態で、最終的なセラミックの形に不安を感じるというご相談などをお受けします。

 

一番多いご相談は、歯茎の位置を変えずにセラミックを作成するため、歯の長さが短かったり大きかったり長さが左右で異なったりという見た目の不安によるものです。

続きを読む

長い差し歯の歯茎の再生治療5

セラミックで矯正治療という治療が美容歯科などでもよく行われております。

 

出っ歯の方が、審美歯科治療のみで歯並びを改善された場合、歯茎の位置が不揃いになるために、歯の長さが左右でばらつきが出てしまい、見た目が悪く見えてしまう場合があります。

 

よく、セラミック矯正で、歯並びを改善といった美容歯科の広告を見かけますが、細かい歯並びを改善できない場合もあるようです。

 

今回は、そんな美容歯科でオールセラミック治療をしたけど、歯の長さが長くなって気になっているという方のオールセラミック再治療ケースのご紹介です。

 

続きを読む

歯並びを審美歯科で治療する方法

あなたの歯並びを短期間に直せるかもしれない方法があります。

 

骨格的に噛み合わせが上下でずれてしまっている場合の歯並び治療は矯正治療がお勧めですが,通常の噛み合わせで歯の位置が少しずれてしまっている場合は、審美歯科治療で歯並びの改善を行える場合があります.

 

今回は、前から2番目の歯が内側に位置していて下の歯より内側に入り込んでしまっている歯並びの方を、矯正治療でなく審美歯科治療で歯並びをきれいにした方法をご紹介いたします。

 

下のお写真のようなケースですが,よく見かける歯並びかと思います.こういった歯並びを審美歯科で治していきます.

続きを読む

矯正治療をする場合の歯茎の注意

近年インビザラインなどのマウスピース矯正をされている方が増えてきました。歯並びが良くなって良いですし、見た目も良いので患者様にとって矯正の進歩と言えるのかも知れません。

 

ただ、インビザラインを数年使用していた当患者さんの歯茎が下がってしまったと言うご相談が増えてきた感じがあります。

 

通常の矯正治療でも歯茎の薄い方は歯茎が下がってしまいます。

 

マウスピースを使用していて、歯茎が下がってしまった場合、さらに動かし続けるのではなく、歯茎を回復させる治療をした方が良さそうな場合もあります。

続きを読む

審美歯科は仮歯の調整が重要です。

オールセラミック にしたからと言っても審美的でない場合もあるようです。

 

あまり多くは見かけませんが、オールセラミック など審美歯科治療を行う際には、仮歯で歯の大きさや形、歯の角度などを確認する必要があることは、このブログでよく記載させていただいておりますが、最近でもオールセラミック が出っ歯な感じがすると言うことで相談を受ける事がよくあります。

 

今回は、オールセラミック の位置が出ていて出っ歯に見えるという方の、オールセラミック 再治療ケースをご紹介いたします。

続きを読む